昭和53年創業。神奈川県相模原市、及び東京都全域を中心とした一戸建て注文建築、及びアパート(共同住宅・長屋)の施工請負。営業マンをおかず、一級建築士がお客様と直接ご対応。『デザインハウスプロジェクト』実施中!

相模原・町田エリアの注文建築なら「愛和建設株式会社」


まずはこちらよりお問い合わせください。



エアコン一台で全館空調「マッハシステム」工法のご案内

暮らし全体を快適に!愛和建設の全館空調システム「マッハシステム」

全館空調システム「マッハシステム」とは(※)

高気密高断熱住宅のメリットを最大限に活かすのが全館空調と言われています。しかし、現在の全館空調システムは省エネとは言い難いです。

そこで、市販の壁掛けルームエアコン1台で冷暖房ができ、同時に換気、空気浄化、加湿、除湿を行うことができる省エネで快適な室内環境を可能にした次世代全館空調がマッハシステムです。FH-アライアンス加盟 (特許 第5094894号 特許 第5067769号)

[理解していただくために順を追って説明します]

高気密、高断熱住宅とは

そもそも高気密・高断熱とはどういったものでしょうか。

それは断熱材を使って建物の断熱性を高めると同時に、隙間をなくして気密性を高めた住宅のことです。

断熱をされていない住宅の場合、屋根、窓、壁、床などを通して夏は熱せられた空気が入り込み、冬は室内の暖かい空気がどんどん逃げていってしまいます。冷暖房費がかさむばかりか、冬場、お年寄りにとっては暖かい部屋から廊下やトイレ、脱衣場に出た時のヒートショックが命取りにさえなりかねません。そのような家の中の温度差をなくすために導入されたのが高気密・高断熱住宅なのです。

断熱材“アイシネン”吹き付けイメージ
高気密・高断熱住宅の断熱材一例
― 軽量発泡の断熱材、アイシネンによる高気密・高断熱住宅 ―

断熱材の性能は一般的に熱伝導率の数値の善し悪しによって評価されています。
断熱材は通常、物質を伝導熱として伝達する、熱伝導率:λ(ラムダ)=0.022~0.052W/(m・k)によって表されます。
数値が小さければ良く、大きければ良くないと言ったことになります。

なお、住宅用グラスウール断熱材10K相当のλ値=0.050W/(m・k)に対して、
アイシネンのλ値=0.035W/(m・k)となり、その断熱効果は数値にも現れています。

アイシネンは「アイシネン気密断熱システム」という名もあり、構造躯体内に現場にて吹き付け発泡することによって、気密性能と断熱性能を同時に満足させることが出来る、理想の新世代気密断熱材です。


[従来の冷暖房や空調にはなかった長所をご紹介]

マッハシステムの特徴

従来の空調システムの課題点
局所エアコンの場合

従来の全館空調や局所エアコンなどのような風で冷気や暖気を送る空調システムは、暖房であれば室温20℃にする時、吹き出し空気の温度は45℃~60℃位になります。
そのため、どんなに気密・断熱性能が高い家でも室内に高温空気を吹き出すため、暖かい空気が天井付近に溜まり、上下の温度差が出来てしまいます。
また、冷房時も同様、冷気が足下に溜まり、床が冷たくなってしまいます。そして、床暖房などは、床面温度だけが高くなり長時間使用していると決して快適とは言えなくなってきます。

高気密、高断熱住宅のメリットを最大限に活かすのが全館空調と言われています。 しかし、現在の全館空調システムは省エネとは言い難いです。


<例:暖房機器の場合>
  • 石油ストーブ:点的な幅射暖房
  • 電気ストーブ:線的な幅射暖房
  • パネルヒータ:小面的な幅射暖房
  • 床暖房:面的な幅射暖房
マッハシステムが作り出す快適感とは

一方、マッハシステムは、通常運転時には室温と3~6度差程度の空気を部屋に送ります。
そのことで室内の上下温度差や各室の温度差が非常に少なくなり、快適な空間が実現します。
また温度差が小さい分、風量が多くなりますが温度差が少ない故にほとんど風速感を感じることはありません。
冷たい空気や熱い空気は、少しの風速で不快になりますが、室温とほとんど同じ温度の空気は気流感をあまり感じないからです。
さらに、多めの吹き出し空気によって部屋の空気がゆっくり撹拌される為、床・壁・天井の温度もほぼ同じ温度になり不要な輻射熱が無くなり従来の空調では不可能な快適空間が出現します。

快適空間イメージ

下のグラフはマッハシステムを導入した住宅の夏季の室内温度と外気温度の実測データです。
建物全体の蓄冷効果により、居室の温度変化が少なくなり、冷暖房負荷が大きく軽減されることがおわかりいただけると思います。

実測データ


システム構成
システム構成
<空調システム>
空調機室内に設置されたエアコンで、空調機室内の空気温度を暖房時は室温より5℃上げ、冷房時は下げた空気を送風機(換気扇)で各居室に送風することで、全館快適な温度環境を保ちます。各居室に吹き出された空気は廊下・居室などを通り、リターンガラリから空調機室に戻ります。
<換気システム>
建築基準法(シックハウス対策)で定める、0.5回/時間の換気量を確保します。空気の流れは、外気から新鮮空気を導入し、OA用のフィルターで花粉・PM2.5・土・ホコリ・虫などを除去してから熱交換器ユニットで内外温度負荷を低減して各居室に新鮮空気を導入します。排気は、ダーティゾーンから熱交換器ユニットで内外温度負荷を低減して外気にもどします。

換気システム部分と空調システム部分が融合したものがマッハシステムです。

※「シックハウス対策に係わる技術基準」(平成15年7月1日施行)
機械換気の義務化(新築住宅に限る)によると、住宅の気積(床面積×天井高さ)を一時間に、0.5回機械換気をしなければなりません。
「マッハシステム」で100m2住宅の場合、空調ユニットから各部屋へ供給される空気量は常時強運転で2,000m3(急速運転で4.000m3)です。
計画換気により熱交換器を通過すると、その内約13%程度で0.5回を上回る汚れた空気が排出され、約87%が新鮮な空気と融合して循環することになります。

[他にもある導入のメリットをご紹介]

マッハシステム導入メリット

<省エネです>

壁掛けルームエアコン1台で家中冷暖房する為、24時間全館空調にもかかわらず少ないランニングコストで運転することができます。
実際に多くのお客様(45~55坪程度の住宅)宅の、8~9月冷房費と12~2月暖房費が、6~9千円/月ですんでいます。

<確実な換気ができます>

従来の換気システムでは、部屋に送り込む空気量は6畳で約12~15m3/h程度です。
この風量では部屋に入った空気は、部屋の空気を撹拌することなくそのまま出て行ってしまいます。マッハシステムでは、換気量は同じですが循環する空気をミキシングされて送られる為、部屋の隅々まで行き渡ることができます。従来の換気システムとは、まるっきり異なったシステムなのです。

<空気浄化ができます>

空調室にはフィルターを付けています。
このフィルターを家の空気が1時間に5~10回通過しホコリなどを除去しています。
その為、家の中で発生したホコリなどは、床に落ちる前にフィルターでつかまえられる為、汚れの少ない住環境を実現することができます。

<静かです>

音を発生する全熱交換換気ユニットや個別送風機が空調室内にある為、各部屋においては機械による騒音が殆ど気になりません。

<将来のメンテ費用が大幅に安くなります>

このシステムは、ルームエアコン1台と第一種全熱交換ユニット及び小型の個別送風機が存在するだけです。 これらは、寿命が来て交換する時、容易にローコストで交換することができます。なぜなら、全て特殊な専用機器では無く汎用品として広く販売されている製品だからです。また、ダクト等も将来における掃除面を考えて配慮しています。 長寿命住宅にふさわしいシステムといえるでしょう。

<普段のお手入れが簡単。年1回の定期点検もローコストです>

空調室内において日常のメンテナンスが可能です。(フィルターのお掃除をお願いします)
また、1年に一度のメンテナンスは、ローコストで対応しています。
3~5千円/1回で1年1回点検をさせていただきます。

<将来の多様な間取り変更や用途変更にも対応可能です>

各部屋に十分なダクト配管が設置されているため比較的容易に間取り変更が可能です。
また将来、高齢などにより介護時の臭いなどが気になるようになった時には、給気を排気に変更することができます。

<シロアリ対策に効果>

床下には、常時一定の空気が流れています。
白蟻は、気流を忌避する性質があるため床下に侵入することを嫌います。

<家がより長持ちします>

全館、床下から天井裏まで全ての空間を空調します。
これにより断熱材の内側の構造躯体や設備の配管電線などが高温や低温にさらされることがありません。
また絶えず清浄な空気を送り続けるため、ホコリなどの蓄積も少なくなります。

※マッハシステム・・・正式名称:MaHAtシステム(小温度差大風量換気空調システム)のサービス名称です。

※愛和建設は、これからの家造りを目指す工務店連合FH-アライアンスに加盟しています。

FH-アライアンスとは、最先端の技術を用いた高品質の住宅をお届けしつづける各地域の工務店や設計事務所の集まりです。

加盟企業各社が持つ優れたノウハウの共有化と新技術の共同開発などで「安心・安全」のお住まいをご提供しています。

※当社が作るゼロエネルギー住宅(ZEH)が補助金(125万円)の対象となります。

【ゼロエネルギー住宅(ZEH)とは・・・】

わが国では「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)のおいて、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。
経済産業省資源エネルギー庁は、この目標の達成にむけたZEHロードマップの検討をおこない、そのとりまとめを2015年12月に公表しました。
本事業は、上記政策目標とその達成にむけたZEHロードマップに基ずき、ZEHの自律的普及を目指して高断熱外皮高性能設備と制御機構等を組み合わせ、ZEHを新築する、ZEHの新築建売住宅を購入する、または既築住宅をZEHへ改修する者に補助金を交付するものです。
(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業引用)

弊社では新築工事に対するZEH普及目標を下記のように掲げて取り組んでいます。

平成28年度 ZEH実績報告


詳しくは当社までお問い合わせください。