昭和53年創業。神奈川県相模原市、及び東京都全域を中心とした一戸建て注文建築、及びアパート(共同住宅・長屋)の施工請負。営業マンをおかず、一級建築士がお客様と直接ご対応。『デザインハウスプロジェクト』実施中!

相模原・町田エリアの注文建築なら「愛和建設株式会社」


まずはこちらよりお問い合わせください。



べた基礎一発打工法(一発君)

住宅の寿命を延ばし基礎の強度をUPする「べた基礎一発打工法(一発君)」


効率的、且つ強度UP。簡単に施工可能!「べた基礎一発打工法の施工手順」

べた基礎ベース・立ち上がり同時一体打ち工法の施工手順をご紹介いたします。

手順1
手順.1

根切り、割栗地業後、捨てコンクリートを打設します。
※外周部と内部の高さは、レベルで確認し正確に均しています。

手順2
手順.2

外周部及び内部間仕切壁の墨出し後、外周部にはSBL、内部にはSBTを並べ、コンクリート釘などで固定します。
※外周部SBLは、鉄筋(縦筋)位置を避け、コーナー及び立ち上がり交点から150mm以上離し、最大間隔900mm以内に取り付けます。

手順3
手順.3

パネルの巾止め、立ち上がりの通りの固定後、天端レベルの取り付け、アンカーボルトのセットを行います。

手順4
手順.4

外周、スラブ、内部間仕切りの順に配筋し、風窓・人通口の切断、補強をします。
※配筋後、水抜きスリーブ・設備先行配管の施工を行います。

手順5
手順.5

内部間仕切調整セパレータ(SBT)の頭を高さに合わせて固定し、外周内パネル及び内部間仕切パネルの組立をします。

手順6
手順.6

パネルの巾止め、立ち上がりの通りの固定後、天端レベルの取り付け、アンカーボルトのセットを行います。

手順7
手順.7

コンクリートの打設は、まず外周部立ち上がり部分から流し込み、内パネルの下部より少し上がったところまで打設します。内部間仕切も同様に回し打ちし、ひと回りしてから立ち上がり天端まで打設してください。
※打設時期によりコンクリートか硬化時間が異なりますので、打ち上げる時間を調節します。

手順8
手順.8

立ち上がりコンクリート終了後、ベースコンクリートを続けて打設して下さい。
※天端ならしは、コンクリートの硬化を確認し同日行うか、後日行うか選択します。

手順9
手順.9

養生期間後、パネル解体を行います。