愛和建設株式会社

昭和53年創業。神奈川県相模原市、及び東京都全域を中心とした一戸建て注文建築、福祉施設、及びアパートの施工請負。

お電話でのお問い合わせはこちらから
0120-42-3311
【一般電話】042-764-3311
【受付】9:00~17:00【定休日】水、日、祭日

施工レポート

建設現場からお届け!
弊社が施工している物件の状況をご案内いたします。

進捗:100% 完成NO.7
梁が見えてモダンな和室。
進捗:100% 完成NO.6
有効活用した広々2F収納。
進捗:100% 完成NO.5
楽しみいっぱいなウッドデッキ。
進捗:100% 完成NO.4
ウッドデッキが見渡せるリビング。
進捗:100% 完成NO.3
明るい地下室。
進捗:100% 完成NO.2
落ち着きのある外観。
進捗:100% 完成NO.1 外観
完成しました。地下1F 地上2Fの建物です。収納を多く取り入れ有効活用が満載! 地下室は白を基調にして、窓からの日差しも入りとても明るいお部屋となりました。リビング横にはウッドデッキがあり、小さいお子様の遊び場としてまた、バーベキューなどこれから楽しみがいっぱいです(*^_^*)
進捗:90% 11/3現況。
これから外構工事が始まります。
進捗:85% 10/18現況。
現在の状況です。外観が出来てきました。
進捗:75% 10/8現況。
造作中。
進捗:75% 10/8現況。
造作中。
進捗:55% 現況。No.2
床断熱工事中。
進捗:55% 現況。
9/12の現況です。
進捗:50% 現況NO.3
1Fの現況です。
進捗:50% 現況NO.2
断熱材吹付状況。
進捗:50% 現況です。
本日の現況です。断熱材を隙間なく全充てんしています。
進捗:40% 上棟
上棟風景
進捗:40% 上棟
8/26は上棟が行われました。上棟とは、家を建てるとき、柱や梁などを組み立て、その上に棟木を上げることを言い上棟式、建前(たてまえ)とも言います。2×4の場合、工場にてプレカットパネルを現地で組み立てます。上棟が終わったら、次は外壁工事、内装工事が始まります。随時施工レポートを報告していきます。
進捗:25% 8/10現況。
1F基礎の立上りにコンクリートを流します。
進捗:25% 8/10現況。
地下の基礎が終わり、1Fの基礎を工事中です。
進捗:20% 現況です。
本日の現況です。
進捗:10% 7/8の現況です。
ベタ基礎にコンクリートを流します。
進捗:10% 7/6の現況です。
地下の基礎配筋の状況です。基礎の配筋とは建物の基礎をつくる工程で、設計図に従ってコンクリートの中の鉄筋を配置すること。 つまり基礎の骨組みを作ります。その作業を配筋工事と言い、配筋工事が終わると次に枠をつくり、 そこへコンクリートを流し込んで基礎が作られていきます。
進捗:10% 現況。
6/22の現況です。
進捗:5% 地盤調査
地盤調査がありました。地盤調査とは・・・住宅の基礎や建物の構造がどんなに丈夫であっても地盤が弱ければ不動沈下などにより、住宅が傾いてしまいます。
そのような事がないよう、当社では工事着工前に必ず地盤調査を行います。木造住宅では一般的にスウェーデン式サウンディング試験という方法で行われます。この地盤調査の結果をもとに、基礎の形状や地盤改良の方法が決まります。
進捗:5% 地鎮祭
5/11(土)は地鎮祭がありました。そもそも地鎮祭とは・・・土木工事や建築などで工事を始める前に行う、その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得るという行いです。一般には、神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されており、安全祈願祭と呼ばれています。
斎主たる神職のもと、建築業者・施主の参列の上で執り行います。祭場の中には木の台(八脚台という)を並べ、その中央に神籬(ひもろぎ、大榊に御幣・木綿を付けた物で、これに神を呼ぶ)を立てて祭壇となし、酒・水・米・塩・野菜・魚等の供え物をお供えします。施主様ご夫婦とお嬢様、愛和社長、、現場監督とともに厳粛な中、無事に執り行われました。
進捗:5% 打合せ。
本日は仕様の打合せがありました。建築確認申請前の打合せです。外観や内部の図面など最終確認をしました。